Kocarinaを大切な自然とともに

現在の位置 : TOPページ >奈良Kocarina誕生

奈良Kocarina誕生

奈良Kocarina誕生のいきさつについて

奈良大和Kocarina合奏団は、1999年9月桜井市立織田小学校の児童を中心 に、橿原・大和高田市の小学生4名で発足し、現在20名の子ども達からなる合奏団に成長しました。
  当団には、Kocarina公認講師がいるわけではありません。ドレミを何回も繰り返し、教則本の易しい曲から、自分たちで吹き競いながらの独習です。泣き出してしまう子を励ましあい、指遣いを教え合って、練習を重ねてきました。
  奈良大和Kocarina合奏団は、子ども達が自主運営する合奏団ですが、その真摯な姿と、子ども達が奏でる優しい木の音色に心打たれた保護者の皆様のご協力を得て、このたび「奈良大和Kocarina合奏団後援会」結成の運びとなりましたことを、心から嬉しく思います。
Kocarinaが奏でる木特有の柔らかな音色は、人の心を癒し潤いを与えます。 次代を担う子どもたちが、練習や演奏を通して、日常的に木の大切さや、木を育む自然の大切さを、五感を通して感じ理解し獲得していくことは、環境教育にとっても大きな意味を持ちます。
また、合奏することは、自分以外の人の音を聴き取り、合わせていくという 協調性を育て、合奏を通して子ども同士や大人たちとの理解を育みます。

ページの先頭へ戻る